プロフィール

スタッフ

マスター 竹川正士

料理を作り始めたきっかけは、東京で過ごした学生時代にさかのぼります。
下宿にクラブの友人を招いては料理を作り、
みんなで楽しく食べた・・・
それが料理を作る楽しさ、喜びを知った、最初だと思います。
東京の料理屋での修行を経て、今は故郷 広島で、料理を通してお客様の喜ぶお顔、幸せな笑顔を見たくて、毎日腕をふるっています。

1982年、瀬戸内料理「かき傳」 オープン
1995年より「ぐるなびBEST OF MENU」に応募を続け
1995年「コーネのカルパッチョ」でベスト100
1996年「穴子のおこわ蒸し」でベスト10 中国エリア賞受賞

広島駅新幹線口から徒歩5分程度!
笑顔ほころぶ味がある
瀬戸内料理

~かき傳~

広島市東区光町2丁目8-24
TEL…(082)264-5968
FAX…(082)262-2699
営業時間…
11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日…月曜日

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

挨拶 Feed

2012年1月 5日 (木)

今年も頑張ってゆきましょう!

2012年 辰の年 おめでとうございます

過去に遡ってみますと、竜のごとくいずれの年も景気が上昇しています。

かき傳も31年目に入りました。

今までの経験と多くのお客様からいただいた助言を生かして、旨味のある料理を作りたいと思っています。

刺身は、どこで食べても同じと思われている方が多数ですが、そうではありません。

魚の種類によって旨味が生じてくる時間が違うのです。
鯛、平目などは、締めてから12時間後からようやくです。

かき傳で、この違いを体験してみてください。

今年も頑張ってゆきましょう。

2012年1月 1日 (日)

今年もよろしくお願いいたします

謹賀新年

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2012年 元旦


5日(木)より皆様のお越しをお待ちしております。

2011年12月11日 (日)

有難うございます~本日31周年

昭和57年12月11日、光町にかき傳を開店いたしました。

調理師の仕事について10年が経っていました。

あれから30年。

いろいろとお世話になった方々、お客様のお顔や出来事が思い浮かびます。

それら全てが私達夫婦と店の礎となっており感謝しております。

かき傳という小さな場(出会い、憩い)でできるつながりを今後も大切にしてゆきたいと思っています。

平成23年12月11日
かき傳 竹川正士

2011年12月 8日 (木)

おかげさまで31周年

おかげさまで、かき傳は、12月11日で30年を迎えます!

これも「かき傳」をご愛顧くださった皆様や、「かき傳」を支えてくださった方々のおかげです。
ありがとうございます。

感謝の気持ちを込めまして・・・30周年記念のイベントを企画いたしました。

30周年を迎える12月11日(日)より、ご来店のお客さまへ

生ビール or 日本酒 1杯サービス!

生ビールの樽が空になり次第、終了ですので、お早めに。

お席確保のため、事前にご予約いただけるとスムーズです。
ご来店、お待ちしております。

2011年7月20日 (水)

『七夕賞味会』を終えて

賞味会には二つの要素が込められていますsign03

新たに広島に移住された方々との出会いと、
日頃から来店されている皆様への感謝の気持ちと。

インターネットをご覧になって申し込まれた方が20名sign01

皆様とても喜んで頂き、嬉しいことでしたhappy01
かき傳との新たなお付き合いが始まれば良いかなと思っています。

総数は74名sign01
マツダの関連会社が木・金曜は休日なことを考えますと、
よく来て頂いたというのが実感です。

今回お出した『枝豆のスープ』は好評で、
この暑い夏を乗り切るため、9月一杯までメニューにのせるつもりでいます。
豚の塩蒸しに含まれるビタミンB1とも相乗性が良いと思っています。

賞味会には出してはいないのですが、
『鯖の燻製(自家製)』が、この夏一番の人気メニューになっています。

ビールにも赤ワインにも、ボディのある冷酒にも合う一品ですbeerbottle
どうぞ、一度味わってみて下さいrestaurant

またのイベントを考えます。
本当に有難うございましたhappy01

2011年3月10日 (木)

はじめまして

広島は南に波静かな瀬戸内海、
北に1000m級の山々が座し、穏やかでありながら変化に富んだ自然環境です。
海の幸、山の幸に、新鮮な里の野菜、大きな市場もあり
一年を通してバラエティ豊かな食材に恵まれています。

私は「この素材をどうお客様に楽しんでいただこうか」と、
いつも好奇心がくすぐられてしまいます。
一番心掛けていることは、
お客様の気持ちに立ったサービスと
「かき傳」でしか味わえない料理を作ること。
一人一人のお客様を大切に、精一杯のおもてなしをしたいと思います。

手間をおしまず、素材に取りくんだ品々を、是非ご賞味ください。
お待ちしております。

かき傳 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
かき傳
  • TEL050-3463-5010