プロフィール

スタッフ

マスター 竹川正士

料理を作り始めたきっかけは、東京で過ごした学生時代にさかのぼります。
下宿にクラブの友人を招いては料理を作り、
みんなで楽しく食べた・・・
それが料理を作る楽しさ、喜びを知った、最初だと思います。
東京の料理屋での修行を経て、今は故郷 広島で、料理を通してお客様の喜ぶお顔、幸せな笑顔を見たくて、毎日腕をふるっています。

1982年、瀬戸内料理「かき傳」 オープン
1995年より「ぐるなびBEST OF MENU」に応募を続け
1995年「コーネのカルパッチョ」でベスト100
1996年「穴子のおこわ蒸し」でベスト10 中国エリア賞受賞

広島駅新幹線口から徒歩5分程度!
笑顔ほころぶ味がある
瀬戸内料理

~かき傳~

広島市東区光町2丁目8-24
TEL…(082)264-5968
FAX…(082)262-2699
営業時間…
11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日…月曜日

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

雑記(その他) Feed

2011年12月 7日 (水)

本日のおすすめ料理

最近の「おすすめ料理」はこんな感じです。

2011年11月16日 (水)

WEB管理者の牡蠣&柿レビュー

かき傳のWEB管理者です。

お昼に、ぐるなびご担当者様とかき傳を訪問。
せっかくだから、ご一緒にランチをいただきました。

やっぱり冬季限定のお徳ランチ、かきフライ定食を♪

「寒くなって美味しくなった」「今年は牡蠣が美味しい」と聞いていますし、はずせないでしょう。

カキフライ~本当に今季の牡蠣は、ぷっくり美味しいですね。

副菜の温泉卵もお気に入りです。


ぐるなびご担当者は穴子飯でした。これも美味しいんですよね!

食後にコーヒーがついて800円はお得です。

ランチ中に、マスターからサービスが!

柿の蒸したもの?

甘いのかなぁと食後にいただいたところ
本当に温かい柿!

上にかかってるのは調味された胡麻ペースト。

甘くなくて優しい味でした。


「あれ、最後に食べてたでしょう。温かいうちが旨いんだよ~」
とマスター。

胡麻と柿はとても相性がいいそうです。

「柿なます」は知ってましたが、温かい柿は初めてでした。

本当に柿は蒸しただけのようなので、家でもできそう。

「豆腐をよく水切りしたのを崩して調味して上に乗せてもいいね、黒胡麻でも振って」

食べ物には身体を冷やす「陰」と身体を温める「陽」があり、コース料理などでは、「陽」「陰」「陽」と組み合わせを考えて出すそうです。

柿は「陰」の食べ物。温かくして摂ると良いそうです。

今年は柿がよく取れる年なのか、よくいただきます。
食べ過ぎるとお腹が冷えるんですよね。

蒸して温かくしていただく・・・みなさんもいかがですか?

かき傳 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
かき傳
  • TEL050-3463-5010