プロフィール

スタッフ

マスター 竹川正士

料理を作り始めたきっかけは、東京で過ごした学生時代にさかのぼります。
下宿にクラブの友人を招いては料理を作り、
みんなで楽しく食べた・・・
それが料理を作る楽しさ、喜びを知った、最初だと思います。
東京の料理屋での修行を経て、今は故郷 広島で、料理を通してお客様の喜ぶお顔、幸せな笑顔を見たくて、毎日腕をふるっています。

1982年、瀬戸内料理「かき傳」 オープン
1995年より「ぐるなびBEST OF MENU」に応募を続け
1995年「コーネのカルパッチョ」でベスト100
1996年「穴子のおこわ蒸し」でベスト10 中国エリア賞受賞

広島駅新幹線口から徒歩5分程度!
笑顔ほころぶ味がある
瀬戸内料理

~かき傳~

広島市東区光町2丁目8-24
TEL…(082)264-5968
FAX…(082)262-2699
営業時間…
11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日…月曜日

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« おすすめメニュー | メイン | 「七夕賞味会」レビュー その1 »

2013年6月10日 (月)

「七夕賞味会」開催

毎年恒例の「七夕賞味会」

今年は7月2日(火)~7日(日)です。

メニューが決まりました!

7品+飲料込みで4000円(税込)、かなりお得です!

お問い合わせ、ご予約はお早めにお願いします。

●付出し:白瓜の雷干し

 種を除いて、らせん状に包丁し、塩水に漬けた後に干します。

 三杯酢で洗って粉節を塗せます。

●刺身:あぶり蛸ポン酢

 蛸の茹で具合を楽しんでください。

●焼物:鳥串、豚のアスパラ巻(三枚肉を使います)

●揚物

 ・オクラ梅射込み(パン粉を付けてフライにします)

 ・椎茸と海老の挟み揚(パン粉を付けてフライにします)

 ・豆板

  枝豆とトウモロコシを4cm太さの棒状に固めてあげます。塩味で。

●煮物:茄子の揚げ煮、干し海老、針生姜、里芋含ませ

●御飯代わり:冷やしつららうどん

 豚肉を細切りにし、片栗粉を付けて、茹でて、つるっとさせます。

 たっぷりの水菜と細切りうどんを冷たいだし汁でいただきます。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

かき傳 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
かき傳
  • TEL050-3463-5010