プロフィール

スタッフ

マスター 竹川正士

料理を作り始めたきっかけは、東京で過ごした学生時代にさかのぼります。
下宿にクラブの友人を招いては料理を作り、
みんなで楽しく食べた・・・
それが料理を作る楽しさ、喜びを知った、最初だと思います。
東京の料理屋での修行を経て、今は故郷 広島で、料理を通してお客様の喜ぶお顔、幸せな笑顔を見たくて、毎日腕をふるっています。

1982年、瀬戸内料理「かき傳」 オープン
1995年より「ぐるなびBEST OF MENU」に応募を続け
1995年「コーネのカルパッチョ」でベスト100
1996年「穴子のおこわ蒸し」でベスト10 中国エリア賞受賞

広島駅新幹線口から徒歩5分程度!
笑顔ほころぶ味がある
瀬戸内料理

~かき傳~

広島市東区光町2丁目8-24
TEL…(082)264-5968
FAX…(082)262-2699
営業時間…
11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日…月曜日

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2012年8月 | メイン | 2013年2月 »

2012年10月

2012年10月17日 (水)

秋の新メニュー その2

まだまだ、秋の新メニュー!

●ミンク鯨の刺身 1000円

Osusume56_kujira

●秋の吹き寄せ 要予約 1200円

栗の渋皮煮を、海老肉で作ったイガでくるんだ一品です。

イガは、玉子素麺を1.5cm位に切って海老肉に刺します。

栗を入れる空間はどうするのでしょう?

大根を栗の大きさに剥き、それの頂きに竹串を差し込み、大根を包み込むように海老肉をつけます。

それに玉子素麺を突き刺していきます。

油で揚げて、竹串の根元に包丁目を入れ、中の大根を取り出すと、空間が出来ます。

ここに渋皮煮を入れます。

Osusume55_fukiyose

・銀杏

・紅葉の人参

・銀杏のさつま芋

・菊花のかぼす

茶蕎麦で松葉を作り盛り付けます。

秋の新メニュー

おすすめメニューの中にもありました、「牛蒡の秋のスープ」です。

夏が終わり、疲れた身体に・・・とはじめたスープ、好評です。

素材の牛蒡を活かしたクリーミーな優しい味をどうぞ。

Osusume54_gobou

秋のオススメ

昼間はまだ暑いですが、朝晩は急に寒くなりましたね。

秋です・・・気温の差の大きさは体調にも影響します。

疲れた身体を労わりつつ、せっかくの「食欲の秋」、美味しいモノをいただきましょう!

かき傳からも、秋のおすすめメニューをお届けします。

是非、ご賞味ください。

__241017_2

・すじの煮込 とまと味 750円
・ごぼうの秋のスープ 500円
・海老のかき揚 1100円
・鯖のくんせい 680円
・カマンベールチーズの包み揚 700円
・鯛の煮焼き 1200円
・茄子 チーズ ベーコンのはさみ揚 750円
・太刀魚のアスパラ巻 1100円
・じゃがまん 630円
・鳥の塩焼 900円

かき傳 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
かき傳
  • TEL050-3463-5010