プロフィール

スタッフ

マスター 竹川正士

料理を作り始めたきっかけは、東京で過ごした学生時代にさかのぼります。
下宿にクラブの友人を招いては料理を作り、
みんなで楽しく食べた・・・
それが料理を作る楽しさ、喜びを知った、最初だと思います。
東京の料理屋での修行を経て、今は故郷 広島で、料理を通してお客様の喜ぶお顔、幸せな笑顔を見たくて、毎日腕をふるっています。

1982年、瀬戸内料理「かき傳」 オープン
1995年より「ぐるなびBEST OF MENU」に応募を続け
1995年「コーネのカルパッチョ」でベスト100
1996年「穴子のおこわ蒸し」でベスト10 中国エリア賞受賞

広島駅新幹線口から徒歩5分程度!
笑顔ほころぶ味がある
瀬戸内料理

~かき傳~

広島市東区光町2丁目8-24
TEL…(082)264-5968
FAX…(082)262-2699
営業時間…
11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日…月曜日

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月21日 (金)

24日(月)Jステーションで紹介

寒くなってきました。そろそろ鍋が美味しい季節・・・

ということで

10月24日(月)広島ホームテレビ「Jステーション」
お鍋の特集で、西条の美酒鍋をはじめ、最近人気の鍋が紹介されます。

かき傳からは「かき鍋」をご紹介。
先日、取材がありました。

是非、ご覧くださいね♪

2011年10月20日 (木)

黒板にオススメが

かき傳にお越しいただくと

店頭に黒板、店内にも黒板

オススメメニューがありますよ。

是非、チェックくださいね。

例えば、コレは昨日の例。


ざる豆腐

自家製メニューをもうひとつ。

こちらも手間暇かかった「ざる豆腐」です。

国産大豆を水につけます(夏場8時間、冬場24時間)。

ロボクープという200Vの強力な器具を使って(クイジナートより協力なもの)大豆に水を少しずつ足しながら、大豆がクリーム上になるまで粉砕します。

それを火にかけ(10分ぐらい)大豆のたんぱく質を抽出します。
これを濾したものが豆乳です。

豆乳を70~80℃にあたため、天然にがりを入れて固めます。


スーパーで売られている豆腐とは全く違います。

葱、しょうが、本節をのせ、割り醤油で召し上がれ♪
御飯と一緒でも良く、日本酒とももちろんオススメですよ。

忘年会ご予約承ります

忘年会のご予約承っております!

基本は、料理3500円+飲み放題2時間1500円で、消費税サービスの5000円コースです。
もちろん、5000円以上のコースもご用意できますよ。

例えば

★料理6品(付出し・刺身・焼き物・揚げ物・煮物・カキ料理)+デザート+飲み放題

★料理4品と鍋物+雑炊orうどん+飲み放題

これは基本ですので、ご要望によっては

かき料理を主体に
肉料理を入れる
一人が牡蠣がダメ(その方には別メニュー可)

など、細やかに対応できます。


お飲み物は、生ビール・日本酒・焼酎・梅酒・ソフトドリンクなど。

お気軽にお早めにお問い合わせください。

自家製ベーコン

人気の自家製燻製をもうひとつ。

広島のもみじ豚の三枚肉を使用した自家製ベーコンです。

塩、砂糖、黒胡椒を刷り込んで
3日間 冷蔵庫でねかせ
3時間 塩抜き
6~8時間 陰干し
3時間半~4時間 桜チップで燻煙
冷めてから冷蔵庫で丸一日ねかせます。

これでようやく出来上がり。

手間隙かかった自慢の自家製ベーコン
プレミアムビールで乾杯!!

自家製 鯖の燻製

今や、かき傳の人気メニューとなりました自家製燻製。

その中でも大好評なのが、鯖の燻製!

サバ・・・「パサパサ」「堅い」?
これまでのご経験から、このようなイメージをお持ちではないですか?

かき傳では、作り方を工夫して
「しっとり」「柔らかい」
カマンベールチーズのような仕上がりに。

広島では(他県でも例がないと思いますが)かき傳でしか食べられません

召し上がった方のほとんどがリピーターに。

強く強くオススメいたします♪

かき料理はじめました

ようやく秋本番です。

かき傳にも能美島のカキが入りだし、いろいろなかき料理をご用意しております。

忘年会の料理にもかき料理を組み込んでいただけます。

今年は広島かきも関西、関東方面に出荷される量が増えるとされています。

安定してかき業者から直接入荷できるかき傳で、かきを充分に味わっていただきたいと思っております。

忘年会のご予約を承っております。
どうぞ、お早めに。

かき傳 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
かき傳
  • TEL050-3463-5010