プロフィール

スタッフ

マスター 竹川正士

料理を作り始めたきっかけは、東京で過ごした学生時代にさかのぼります。
下宿にクラブの友人を招いては料理を作り、
みんなで楽しく食べた・・・
それが料理を作る楽しさ、喜びを知った、最初だと思います。
東京の料理屋での修行を経て、今は故郷 広島で、料理を通してお客様の喜ぶお顔、幸せな笑顔を見たくて、毎日腕をふるっています。

1982年、瀬戸内料理「かき傳」 オープン
1995年より「ぐるなびBEST OF MENU」に応募を続け
1995年「コーネのカルパッチョ」でベスト100
1996年「穴子のおこわ蒸し」でベスト10 中国エリア賞受賞

広島駅新幹線口から徒歩5分程度!
笑顔ほころぶ味がある
瀬戸内料理

~かき傳~

広島市東区光町2丁目8-24
TEL…(082)264-5968
FAX…(082)262-2699
営業時間…
11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日…月曜日

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2011年5月 »

2011年3月

2011年3月18日 (金)

リセット

もう日本を『リセット』する時です!

毎日、東北大地震のニュースばかりです。
それは当たり前で、時々刻々、
現地の状況、生存者、行方不明者の安否など
伝えられる現代の技術力、報道力には(日常生活を送る者としては)
とても頼もしく思います。
それに比べて、自然の力の強士には、唯々驚くばかりです。
内海の広島に住んでいては、とても想像出来ないことばかりです。
しかし、いつまでも遠く離れた地点からの視点を持つことは出来ません。
彼の地では災害後、苛酷な生活を強いられ
人々は極限の状態に冒されていることが知られています。
被災者の方の中には、戦後の状態と比べられる人もおられました。
あの当時と全く同じだと。
政治評論家の屋山太郎さんが、3月15日付の産経新聞に
ご自身の東京大空襲の体験の事を書かれていました。
茫然としていた時、父親が
『一からやりなおしだ』と言われ、
自ら吾にかえったと
一家の長、国家の長もになう責任の大きさ、重さは違うものの、
立つ所の本質は全く同じだと思います。
我が国の総理大臣たる菅直人首相に諫言致したいと思います。
リセット』をして下さい。
子供手当、高速道路等へのばらまき予算を
災害復興の予算にかえて修正して下さい。
次の選挙に自らが受かるために、国家予算を使うのではなく
現在、目の前に助けの手をさしのべている人々の為に
予算を組みかえるという
リセット』をして下さい。

2011年3月10日 (木)

おすすめ料理

今年は寒かったせいか牡蠣の身がしまって、
今時期でも、とっても美味しいです。
お酒もいろいろ入荷していますよ!
是非、どうぞ!
まだまだ寒い日が続きますが、それでも3月!
歓送迎会の季節です。
歓送迎会は是非、かき傳で!
お客さまのご要望に応じますので、
お問い合わせ、ご予約、お待ちしております。

広島駅新幹線口から徒歩5分程度
笑顔ほころぶ味がある 
瀬戸内料理~かき傳~

広島市東区光町2丁目8-24
TEL…(082)264-5968
FAX…(082)262-2699
営業時間…
11:00~14:00(ラストオーダー 13:30)
17:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日…月曜日


はじめまして

広島は南に波静かな瀬戸内海、
北に1000m級の山々が座し、穏やかでありながら変化に富んだ自然環境です。
海の幸、山の幸に、新鮮な里の野菜、大きな市場もあり
一年を通してバラエティ豊かな食材に恵まれています。

私は「この素材をどうお客様に楽しんでいただこうか」と、
いつも好奇心がくすぐられてしまいます。
一番心掛けていることは、
お客様の気持ちに立ったサービスと
「かき傳」でしか味わえない料理を作ること。
一人一人のお客様を大切に、精一杯のおもてなしをしたいと思います。

手間をおしまず、素材に取りくんだ品々を、是非ご賞味ください。
お待ちしております。

かき傳 のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
かき傳
  • TEL050-3463-5010